新しいケータイのカタチ

新しいケータイのカタチ

このiPhoneは、今でいうスマホの先駆けでした。
iPhoneがスマホの歴史を作ったと言っても過言ではないでしょう。

iPhoneは当時の携帯電話の常識を翻しました。

今までは二つ折りなどがその主流で、画面と操作部が別々でしたが、iPhoneは操作ボタンがほとんどなく、電源ボタン、ホームボタン、ボリュームコントロール、マナーモードのみという、どうやって操作するの?
という感じでした。

その操作のほとんどをタッチパネルに指などで行い操作するというものでした。
その操作方法は、本来人間が持っている本能に近い直感的なもので、画像や文章を指で拡げたり、指の腹で画面を移動させたりと、アップル社の面目躍如といったところで、日本ユーザーはただただ唖然とするばかりでした。

パソコンの画面と同じように、各ソフトのアイコンが並んであり、自分がやりたいものを指でタップすればそのソフトが立ち上がるというすぐれものでした。

今までの携帯電話はそこまで行くのにいくつかの操作を続けないとできなかったものが、直感的に瞬時にできる操作の快適さは、一度知ったら携帯のそれは「今まで何だったの?」という感じでした。

しかもデジタル音源の音楽やビデオミュージックまで搭載できるというもので、アップル社のitunesソフトからダウンロードして楽しめるというものでした。今では、映画も楽しむことができるんですよ。
パソコンのデータも共有でき、その音楽ファイルなどもiPhoneで楽しめ、パソコンが母艦の空母のような存在でした。

このiPhoneの登場で、日本を含む世界の携帯電話メーカーはスマートフォンへの以降を余儀なくされ、今日のスマホが主流となった市場になりました。

    Copyright(C) iPhoneお得速報 All Rights Reserved.